九州北部豪雨災害支援

昨年の熊本地震に引き続き、九州北部豪雨でも福岡と大分(日田)に大きな被害が出ています。

 現在ボランティアセンターの働きは泥を掻き出す作業を行っておりますが、大量の流木によって民家だけでなく、道路や橋や畑や果樹園なども大きな被害が出ております。目下住めるように床下にたまった泥を出す作業が行われていますが、そのような中、8月18日(金)に朝倉の杷木地区で40戸の仮設住宅が完成予定です。その他完成は未定ですが、朝倉地区20戸、甘木地区20戸も建設予定です。

 それに伴い、バプテスト連盟に連なる諸教会の皆様の協力を得て食器提供のボランティアを行いたいと考えています。お忙しい中恐縮ですが、ぜひ各教会で呼びかけて下さり、ご協力をお願いしたいと思います。

※集積教会に持っていかれる場合、持ってこられた品物が何か分かるようにして頂けたら分類時に大変助かります。

■ 今後のボランティアに関して

 食器提供ボランティアに関して、この働きに加わりたい、現地に行ってボランティアをされたいと思われる方はどなたでも森迄ご連絡ください。次回の開催からご協力をお願いしたいと思います。